el_snowの日記

日常の気になった事や思う事、気に入ったオーディオ機材のレビューを思うままに書いています。

セリホン② セリアで買える高音質イヤホンAtQのAT-ES11の故障率

新年あけましておめでとうございます。

どこまで続くかわかりませんが毎日更新していきたいと思います。

 

今回はかなり以前に100均で買える奇跡のバランスを持ったイヤホンAT-ES11の記事の続きです。

内容はすでに作ってあったんですが、とても書けるような心理状態ではなかったのでお像入りしていました。

捨てるのももったいないのでせっかくなので公開です。

 

なにを公開するかというと、セリホン100円で安いけど故障率高くない?って疑問の答えです。

実際どれぐらい故障しているのかきになったので計34本購入してその音をすべてチェック、どれぐらいが正常で、どれぐらいが逆相で、どれぐらいが壊れているのかをチェックしました

もったいぶるのもあれなのでそのまま表を載せます

 

No 初期状態 バランス
1 右より
2 逆相
3 正常
4 左寄り
5 逆相左寄り
6 左寄
7 正常
8 正常
9 左割れ
10 逆相
11 やや左寄り?
12 左ボリューム異常
13 正常
14 右ボリューム異常
15 左寄り
16 右寄り
17  
18 左より
19  
20 逆相左より
21  
22 逆相
23  
24 逆相
25  
26 逆相
27 左寄り
28 左寄り
29 逆相
30 なんか違和感
31  
32  
33 逆相
34 逆相
       
       
  全数 34  
  逆相 10 29%
  故障 3 9%
  正常 11 32%

 

結果、として本当に正常と呼べるものは全体数の32%でした。つまり3個買ったら1個正常ってことです。

 

想像よりもはるかに低い数字でした。逆相は29%、これもひどい数字、3個に1個は逆相です。

もうだいぶ数がでているのに評価がばらばらなのは、逆相やややチューニングが甘いものが7割ちかくあるのでそれを聴いている可能性が非常に高いです。

また、セリホン100円にしてはいい音!っていう人はあたりをひている可能性が高そうですね

 

そしてなぜ今これを載せるかというとDAISOの300円のALシリーズ

これが実質同じ値段だということに気づいたからです。

(セリホンは確率的に3本買わないとあたりを引けないかもしれない)

音を比較するのは傾向が全く違うので難しいですが甲乙つけがたいと自分は思います(作りがいいのはDAISO)

 

今日はここまでにします。また明日更新できれば!!