ゆるふわオーディオ日記

日常の気になった事や思う事、気に入ったオーディオ機材のレビューを思うままに書いています。ゆるキャラ、モフモフ、ポフポフ、ふわふわが大好きです。

雑記:KATO + illumination光 付属ケーブルの約束された勝利の組み合わせ

こんにちは

 

今日も雑記ですが、ケーブルという科学的な根拠が薄い話なので毎度気になる方はまた明日お会いできれば幸いです。特に今回は完全な妄想ですし(笑)。

もうタイトル通りなのですが、私がこのKATOを購入した理由はillumination光に付属しているデフォルトのケーブルとの組み合わせを試したかったというのが殆どです。試してみたことはないがこの組み合わせは絶対に合うだろうという確信があり、そして実際に試してみてその素晴らしさに聴き惚れています。

KATO + illumination光 付属ケーブル

現在の水月雨Moondropのフラグシップイヤホンであるillumination光は、一昨年の年末に発売され現在まで同価格帯にて非常に高い評価を受けています。私も購入したときに性能と完成度の高さに驚愕し、そして水月雨の目指す音の方向性に共感を覚え、その音色のオリジナリティに聴き惚れたことを覚えています。あれから1年以上経って同価格帯のイヤホンのライバルはずいぶんと増えましたがその音色と筐体の小ささ由来の装着感の良さは唯一無二と考えています。

さて、そのillumination光ですが私はデフォルトのケーブルを装着状態で高い評価をしているのですが、一部ではデフォルトのケーブルよりも秋月というアップグレードケーブルとの組み合わせの方が良いという話もあります。私も確かにオールジャンルに使える一般的なイヤホンとして使うのであればillumination光に秋月を組み合わせた音色の方がドンシャリ傾向でオールマイティな音色なのでその方が良いと感じる部分も多いです。けれど秋月に変えてしまうとillumination光のオリジナルにある「ボーカルの随所に含まれるあどけない音色の魅力とバックグラウンドの静寂さからくる独特の丸みのある音色」という個性は薄れてしまい、普通の性能が良いイヤホンになってしまうと感じています。正直その音色であればillumination光でない別のイヤホンでも聴くことができるのではないか?っと思ってしまわないでもないです。

そもそも高価格帯のフラグシップイヤホンにはその会社の目指すべき音色の方向性や、音色の性癖や野心、もしかするとエゴイズムすらあるのではないか?、など作り手の気持ちがあって欲しいと感じています。何が言いたいかというとillumination光に付属しているこのケーブルにこそ水月雨Moondropの目指した性癖が詰まっていると感じています。実際このケーブルを他のイヤホンにつけるとこのillumination光に宿る先ほどの「ボーカル随所に含まれるあどけない音色の魅力とバックグラウンドの静寂さからくる独特の丸みのある音色」を感じることができます。これは日本のサブカルチャーの代表であるアニメなどの文化に良く合う音色だと勝手に確信しています。

そしてMoondropの集大成とも言っている自信作と銘打つKATOです。KATOを聴いた時にその音色の完成度に驚いたことは昨日言った通りですが、同時に感じたのはIlluminationに感じたMoondropらしい性癖が薄く感じにくいということです。美しく彩られた美音を奏でるKATOには作られた造形美としての美しさは感じたのですがillumination光のデフォルト構成にあったサブカルチャー愛に通じる魅力をまったく感じることが出来なかったことです。まるで一般大衆が好きな美音はこれだろう?っと言われている気分でMoondropの社長の余裕が見えるかの様な錯覚すらあります(まぁ気のせいでしょうがw)。

だからこそ思ったんです。この完成されたKATOにMoondropの社長の性癖が見えるillumination光の付属ケーブルを付けたらどんな音がするのだろうか?っと。

まぁ結果はすでに言った通りで素晴らしいの一言で、「ボーカル随所に含まれるあどけない音色の魅力とバックグラウンドの静寂さからくる独特の丸みのある音色」が付加され、illumination光の標準以上に性癖を感じる音色になっています。KATOのデフォルトの音色は美音なことは言うまでもないと思いますが、illumination光を付けたKATOはどちらかというと萌え音が追加されたという感じが合うように思います。もっとフランクに言えばKATOはデフォルトケーブルの音色だと美人なだけという感じです。でも私は言いたい、美人な上で「かわいい」のが良くないですか?illumination光のケーブルを付けたKATOはそんな感じです。

じゃあLineKやLineTはどうなの?っという疑問があるかと思います。そちらについては聴いてないのでわかりませんw。LineTやLineKについてはまだ日本で売っていないことやillumination光のケーブルすら試していない状態かつ、この円安情勢では購入は憚られたためですが、いつか聴き比べてはみたいと考えています。しばらくはillumination光のデフォルトケーブルで満足しているので時期をみて購入してみたいと思います。

 

っとここまで書きましたが、当然ながらこれらイヤホンとケーブルに対する考察は小説やアニメなどの考察と同じで書き手や作りての意図を消費者が勝手に妄想しているだけに過ぎません。それらと同じように製作者は自覚として意図していないと言うこともあるかもしれませんが、それが無意識であることもままあります。製作者がどんな意図をもってイヤホン(機材)を作ったのか?それらを考えて行くのも一つのオーディオの楽しみ方と考えています。

 

っとここまで書いて長くなりましたので今日はこのぐらいにしておこうと思います。

ではまた明日。