ゆるふわオーディオ日記

日常の気になった事や思う事、気に入ったオーディオ機材のレビューを思うままに書いています。ゆるキャラ、モフモフ、ポフポフ、ふわふわが大好きです。

雑記:intime 翔 用の小鹿さん特製ケーブルについて

こんにちは

 

今日は雑記ですが、今日はintimeの翔用に小鹿さんに作っていただいた特製ケーブルなどをFiiO K9 Pro LTDで聴いていたのでとりあえず「小鹿さんのケーブルは素晴らしいぞ」っという気持ちを徒然と書こうと思っています。

実は機材スペースの都合で気に入っていたFiiOのK9Pro LTDを手放すことになりまして、レビュー記事にまとめようと昨日から様々なイヤホンやヘッドホンで聴き込みを行っています。中でも翔はIEMタイプではないので若干装着感に癖があるので仕様頻度が低いのですが、K9 Pro LTDを聴き込む上でふさわしいイヤホンの一つであろうと、聴き始めたところ、あまりにも良い音でこのイヤホンだけで終わってしまいました。尚、写真の通りPentaconn端子のケーブルが沢山溜まってきたのでそれらも組み合わせて見ようという気持ちもありました。

f:id:el_snow:20220718223421j:image

翔用の小鹿さん特製ケーブルについて来歴をお話しますと、もともと翔用のケーブルというわけではなくFFさんが別のイヤホン用に作られていた試作ケーブルで翔用というわけではありませんでした。それをたまたまお借りして翔に繋いだ時、自分の思う翔についての完璧に近いバランスの音色を出してくれたことがきっかけで、そのケーブルと近い仕様のケーブルがこの特製ケーブルになります。

小鹿さんのケーブルを付けた翔の音を簡単に説明すると、デフォルトケーブルのバランスは低音の量感が強くやや膨らむ印象があると思いますが、低音の膨らみは消えて概ねフラットに変化します。やや暖色よりの音色だった翔の音色はほぼニュートラルから少し寒色よりに変化します。硬めのソリッドな音色になり翔の持つドライバを極限まで引き出すかのように解像度が上がります。特にボーカル帯域の音色の抑揚や機微は克明に描写してきます。定位が良く音の消え方にリアリティがあり、音の膨らみがなくなります。この音色を聴くとVST-Kなど不要だったのではないか?っと思わせるほどです。

逆にデフォルトから変えた時の欠点を言えば音色の客観性がなくなることや、音の膨らみや暖かさはほぼなくなってしまうことでしょうか。特に低音の量感が減るのは賛否があるかもしれません。けれども個人的にはこれ以上に無いほどに臨場感に溢れ、定位と音場感すらもがアップグレードするほどの素晴らしい音色のバランスに変えてくれるケーブルです。

翔の音色はintimeの目指す音色と銘打って発売された機種です。このためリケーブルすることは凄く迷いがあったのは事実です。けれどもこのバランスに関しては忘れることができず小鹿さんに無理を言って同じ仕様に近いケーブルを作成したもらったのがこの写真のケーブルになります。

f:id:el_snow:20220718233846j:image

ちなみにお値段としては発注時(1年ほど前)の価格で3万円となります。現在は金属価格や為替に合わせて線材がさらに高騰しているためさらに高くなるかもしれませんし、作成してくれるのかすらわかりません。兎に角その時に作っていただけたのは幸運でした。

f:id:el_snow:20220718234216j:image

小鹿さんのケーブルはこれ以外にも3本ほど持っているのですが、共通する特徴としてはボーカルの表現力が際立って良いこと、そしてFiiOのアンプと極めて相性が良いことが上げられると思います。特に相性が良いと感じているのはFiiOのM17です。正直M17に繋いだ小鹿さんのケーブルのボーカルの表現力は唯一無二だと感じる程に生々しく外連味に飛んだ圧倒的な情報量です。もし、小鹿さんのケーブルをお持ちの方でM17で聴いたことが無い方、逆にM17を持っている方で小鹿さんのケーブルを合わせて聴いたことが無い方はぜひ合わせて聴いてみてほしいです。

またこのケーブルの良いところは取り回しが良いことで非常に柔らかいことでしょうか、小鹿さんの標準ラインナップのケーブルで唯一の欠点を挙げるとすればケーブルが硬く取り回しが少し悪いことなのですがそれがかなり改善されています。もちろん取り回しが物凄く良いというレベルまでは行ってはいないのですが、普通にポーチにしまえるレベルにはなっています。ちなみに下の写真の通り丸められる曲率半径としては倍ほど違う感じですね。

f:id:el_snow:20220718233830j:image

まぁ今日は正直小鹿さんのケーブルが素晴らしいというそれだけの感想文なのですが、今まで小鹿さんのケーブルの技術力、そしてその音は素晴らしいと感じていたものの中々、それを文章に起こす機会がなかった(文章力が足りなかった)ので、今回簡単ではありますがこの様な形で書かせていただきました。

 

明日はK9 Pro LTDのレビューを上げたいと思います。では、また明日。