Amazon で売っていた激安マイク付きインナーイヤーイヤホンZCGEFUIJ買いました 箱出しの感想:ゴミ一歩手前

タイトルの通りです

最近Twitterでspaceをすることが多くなってきたのでマイクが付いて疲れにくいインナーイヤーイヤホンを探していて、Amazonで安かったので買ってみました。

商品の詳細は以下です。

 

 

本日現在タイムセールで1000円を切っていますが、結論から言えばおすすめしません。Apple純正のマイク付きイヤホンなどと比べるとマイクも音質も数段落ちます。カナル型で問題なければDAISOのALシリーズの方がはるかに良い音ですし、マイク性能も良いです。Amazonで買いたい理由が無ければあえて買う意味は無いかもしれません。

画像

画像

試聴環境はいつも通りなのですが、あまりにもがっかりしたので完結にだけ

 

良かったところ

・音が出て壊れていないこと

・かまぼこの特性を持っており、非常にマイルド

・音場が音が遠く狭いが、圧が無いので集中した作業ができる

・マイクが正常動作し、ノイズなどが乗らないこと

・ケーブルがやや太いので断線しにくそう

・音量スライドボリュームが付いているところ

・パッケージが簡素で捨てやすい

 

悪かったところ

・1000円の値段を考えればやや造りは雑

・単純に音が悪い

 インナーイヤー型の特徴そのままにかまぼこのバランスで低音がほぼ出ない

 高音も弱い

 音場は上下、左右、前後すべてにおいて狭い

 解像感もいまいち、およびセール価格で価格なり

・開放型のため音漏れする

・マイクの音が遠い

Amazonのサイトの商品説明に書いてある内容がどう見ても過大広告

以下引用

実際の音質を復元する;

プロのサウンドユニットが再編成され、高音域、中音域、低音域の3つの周波数が正確に接続され[クリアな高音、クリアなミッドレンジ、強い低音]、没入型コンサートシーンのようになります。

申し訳ないのですが、どこがやねん!!っと突っ込んでしまいましたw。そのほかの画像についても突っ込みどころ満載です

 

結論

正直、興味本位で買ってみましたが、良くも悪くも1000円なりです。DAISOのALシリーズやセリアで売っているAtQのAT-ES11, AT-EMS07が良すぎるので感覚が麻痺していましたが本来はこんなものだよなと実感しました。

最初に書いた通りインナーイヤー型にこだわりが無いのであれば先に上げた2点を選ぶ方が満足度が高いと思います。Amazonで買わなければならないというのであればALPEXのHSE-A1000などが同価格帯にありますのでこちらの方がおすすめできます。とうことであまり買う価値が無く、私の中ではゴミ一歩手前です。

 

こうぼろくそに書いていますが、AppleiPhoneに標準で付いてくるタイプより激安のインナーイヤー型のマイク付きイヤホンは探したいので継続して購入してみたいと思います。*あいつは新品で3000円、中古相場では800円程度なのでなかなか難しそうです・・・。